抵当権抹消登記専門サイト
抵当権抹消手続きな日々
抵当権抹消HOME
抵当権抹消手続きな日々
抵当権抹消手続きな日々へ戻る
トップページに戻る

<9月8日>

こんにちは

今日は、大阪法務局北出張所の案件が完了しました。

秋晴れ、になりました。

このまま順調にいくと、秋を長く堪能できそうです。

秋が長いというのは、いいですよね。人生においても・・・

では

<9月9日>

こんにちは

今日は、大阪法務局堺支局の案件が完了しました。

大阪府吹田市山田西3丁目の高町池で大きなヘビが発見されました。通報により吹田署員が駆けつけたところ、アヒルの死骸があったそうです。

吹田市では8日朝から職員約70人態勢で周辺を捜索するとともに、池付近に近づかないよう呼びかけているとのこと。

はっきり言って、近所です。。。。えらいこっちゃ、です。

では

<9月10日>

北摂リーガルオフィスな日々特別編

<禁煙にチャレンジな日々!>①

どもどもオオフジです。さて、表題にもあるように、禁煙にチャレンジしております。先週の土曜日からスタートですので、今日で5日。

今のところ何とか、もちこたえておりますが、どきどきやってくる離脱症状は、まだまだ厳しいものがあります。

が、過去、何度も初日、2日目くらいで挫折してきたのに、今回はうまくいっております。誠に、うれしいものです。

このテイクオフ成功を記念して、今週は禁煙についてお話いたします。

<9月11日>

<禁煙にチャレンジな日々!>②
さて今日も何とかがんばって禁煙しております。

タバコによる依存は、①薬物的(ニコチン)依存と②心理的依存の2種類が平行して起こります。

そこで、一気にやめてしまうのは、この2種類の禁断症状の攻撃をまともにうけて辛いので、1種類づつ攻略していくのが、負担も少なくて禁煙成功率も高い(つまり挫折しにくい)ようです。

ニコチンガム・ニコチンパッチによる場合、タバコを吸うという行為をやめることによって、まずは心理的依存をなくし、その後ニコチン依存をなくすというやり方です。(②⇒①の順)

離煙(減煙)パイプによる場合、タバコに含まれるニコチン量を少しずつ減らすことによって、まずはニコチン依存をなくし、その後心理的依存をなくすということになります。(①⇒②の順)

①⇒②か②⇒①か、どちらでも同じようですが、たぶん効果は人によって雲泥の差があると思われます。私は、今まで、②⇒①を試みて、すべて失敗してきました。

しかし、別のルート①⇒②の方法があることを偶然発見して、今回の禁煙の取り組んだというわけです。今のところ成功しております。

<9月12日>

<禁煙にチャレンジな日々!>②
さて今日も何とかがんばって禁煙しております。

1週間経ちましたが、まだまだ、精神的依存を克服はできてないです。

朝起きて1服、ご飯の後1服、イライラを鎮める1服、リラックスの1服など、生活のあらゆる局面でタバコを吸っておりましたので、タバコなしのリラックスが難しく、そのため離脱症状がなかなか消滅しないということになっております。

生活をタバコに支配されていたかということを実感しました。

そして、止めてよかったな、と。

このまま禁煙が永遠に続きますよう・・・祈ります。

ではでは