抵当権抹消登記専門サイト
トップページ
費用について
手続きの流れ
ご依頼主様の感想
お問い合わせ

抵当権抹消続き案内

費用について

手続きの流れ

ご依頼主様の感想

よく頂くご質問

サイト運営者について

事務所案内

業務方針

個人情報保護方針

抵当権抹消な日々

リンク集

サイトマップ

サイト運営責任者 大藤隆志
 北摂リーガルオフィス所員一同は、ここに、その使命が、国民の権利の擁護と公正な社会の実現にあることを自覚し、その達成に努めるとともに、信義に基づき、公正かつ誠実に職務を行うことを宣言する。

(自由独立)

北摂リーガルオフィス一同は、職務を行うにあたっては、職責を自覚し、自由かつ独立の立場を保持する。

(依頼者の自己決定権の尊重)

北摂リーガルオフィス一同は、依頼者の自己決定権を尊重し、その職務を行うものとする。

(依頼者への説明及び助言)

北摂リーガルオフィス一同は、依頼の趣旨を実現するために、的確な法律判断に基づき、説明及び助言をしなければならない。

(秘密保持の義務)

北摂リーガルオフィス一同は、正当な事由のある場合を除き、職務上知り得た秘密を保持しなければならない。この義務は、業務終了後も同様とする。

(目的外の権限行使)

北摂リーガルオフィス一同は、職務上の権限を目的外に行使してはならない。

(違法行為の助長等)

北摂リーガルオフィス一同は、違法若しくは不正な行為を助長し、又はこれらの行為を利用してはならない。

(受任の趣旨の明確化)

北摂リーガルオフィス一同は、依頼の趣旨に基づき、その内容及び範囲を明確にして事件を受任しなければならない。

(報酬の明示)

北摂リーガルオフィス一同は、事件の受任に際して、依頼者に対し、その報酬及び費用の金額又は算定方法を明示し、かつ、十分に説明しなければならない

(事件の処理)

北摂リーガルオフィス一同は、事件を受任した場合には、速やかに着手し、遅滞なく処理しなければならない。依頼者に対し、事件の経過及び重要な事項を必要に応じて報告し、事件が終了したときは、その経過及び結果を遅滞なく報告しなければならない。

(職務の公正等の保持)

北摂リーガルオフィス一同は、職務の公正を保ち得ない事由のある事件については、職務を行ってはならず、依頼の趣旨が、その目的又は手段若しくは方法において不正の疑いがある場合には、事件を受任してはならない。

(利害の衝突)

北摂リーガルオフィス一同は、受任している事件につき依頼者が複数ある場合には、その相互間に利害の衝突が生じたときは、各依頼者に対して理由を説明し、事案に応じた適切な処置をとらなければならない。

(依頼者との信頼関係の喪失)

北摂リーガルオフィス一同は、事件に関し、依頼者との信頼関係が失われ、かつ、その回復が困難な場合には、辞任する等適切な処置をとらなければならない。

(預り書類等の管理)

北摂リーガルオフィス一同は、事件に関する書類等を、善良な管理者の注意をもって管理しなければならない。

(預り金の管理等)

北摂リーガルオフィス一同は、依頼者から又は依頼者のために預り金を受領したときは、自己の金員と区別して管理しなければならない。 また、依頼者のために金品を受領した場合には、速やかにその事実を依頼者に報告しなければならない。

(事件の記録)

北摂リーガルオフィス一同は、受任した事件の概要及び金品の授受その他特に留意すべき事項について記録を作成し、保存するものとする。

(事件の終了)

北摂リーガルオフィス一同は、受任した事件が終了したときは、遅滞なく、金銭の精算、物品の引渡し及び預った書類等の返還するものとする。 

(相手方等からの利益授受)

北摂リーガルオフィス一同は、受任した事件に関し、相手方又は相手方代理人等から利益の供与若しくは供応を受け、又はこれを要求し、若しくはその約束をしてはならない。

(相手本人との直接交渉等)

北摂リーガルオフィス一同は、受任した事件に関し、相手方に代理人がないときは、その無知又は誤解に乗じて不当に不利益に陥れてはならず、相手方に代理人があるときは、特別の事情がない限り、その代理人の了承を得ないで相手方本人と直接交渉してはならない。

以上の業務方針を遵守し、公正、誠実に業務を遂行いたします。

北摂リーガルオフィス一同